“笑ったり泣いたりするのもストレス解消につながっている”~自律神経の乱れを予防するための生活改善

外部ページURL

"笑ったり泣いたりするのもストレス解消につながっている"~自律神経の乱れを予防するための生活改善【メンタルヘルス/自律神経失調症/うつ病/統合失調症/パニック障害/自閉症/睡眠障害】

自律神経失調症になる人は、まじめで完壁主義な性格傾向があるため、職場でも家庭でも思いどおりの成果を上げられないと、理想と現実とのギャップに直面して、戸惑ったり苦しんだりして体調を崩してしまいます。

心に余裕がなくなって人間関係もうまくいかなくなってしまいます。ときには、思いっきり笑ったり泣いたりするのがよいでしょう。

笑っている状態

笑って笑顔でいると、ストレス解消になるだけでなく、副交感神経を刺激してリラックスした状態になります。さらに免疫力を高め、血行促進、緊張緩和などに役立っていることがわかっています。

泣いてる状態

一方、涙が出ている状態は、交感神経から副交感神経に切り替わるときに起きています。つまり泣いているときも、緊張をほぐしリラックスしているのです。逆に、涙をこらえるのは、ストレスをためることになります。

泣いたあとには、脳内ホルモンで神経伝達物質であるエンドルフィンが増加しています。これには強い鎮静作用があり、運動の後にもこの物質が増加して、ストレス解消とすっきり感とをもたらすことが知られています。

ストレス要因

ストレス要因のひとつに、感情を抑圧しているということが理由に挙げられます。自分の感情を解放してストレス解消になるのは、思いっきり笑う、思いっきり泣くことです。泣ける映画や笑える演芸など、自分の感情が解放できるものを見つけましょう。

ストレス解消レシピ

穴子ちらし寿司

ストレス解消食材

・穴子
・きゅうり
・みょうが
・生姜
・ちりめん山椒

材料(4人分)1人分 692kcal

焼き穴子‥‥‥65g
きゅうり‥‥‥100g
みょうが‥‥‥40g
生姜‥‥‥40g
ちりめん山椒‥‥‥40g
青じそ‥‥‥40g
白炒りごま‥‥‥大さじ1/2
米‥‥‥少々
卵‥‥‥2/3個
A:すし酢
酢‥‥‥大さじ6
砂糖‥‥‥大さじ3
塩‥‥‥小さじ1/2
B:調味料
砂糖‥‥‥大さじ1
塩‥‥‥少々

作り方
1.お米はかために炊き、温かいうちにAのすし酢を混ぜ合わせておく。

2.卵はBを加えて妙り卵を作る。焼き穴子は短冊切りにしてオーブントースターで温める。

3.きゅうりは薄切りにして塩(分量外)をふり、しんなりしたら水分を絞る。みょうがは縦半分に切ってから斜め薄切りにする。生姜はせん切りにする。

4.1に2と3、ちりめん山椒を混ぜ合わせ、器に盛り、せん切りにした青じそと白妙りごまを散らして完成。

月を選択してください
2019年8月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
悩み一覧