“疲労回復に効果を発揮する「抗ストレス・ビタミン」”~自律神経の乱れ・自律神経失調症の治療法

外部ページURL

"疲労回復に効果を発揮する「抗ストレス・ビタミン」"~自律神経の乱れ・自律神経失調症の治療法【メンタルヘルス/自律神経失調症/うつ病/統合失調症/パニック障害/自閉症/睡眠障害】

自律神経失調症の治療には、ビタミン剤も用いられます。自律神経のバランスを整える「ビタミンBとC」、またはホルモンのバランスを整える「ビタミンE」などが処方されることがあります。ビタミン剤は他の薬と併用することが多く、補助的なものになります。

抗ストレスビタミン

ビタミンの中でも注目したいのが、ストレス耐性を高めるビタミンB群で、特にビタミンB1、B6、B12が有効です。抗ストレスビタミンと呼ばれ、疲労回復に効果を発揮するビタミン剤です。

ホルモン剤の導入

女性の場合は、思春期や更年期にホルモン分泌が不安定になって、自律神経失調症を起こしやすくなります。卵巣摘出などをした場合も同様です。そのときは「ホルモン剤」で補充することもあります。

自律神経失調症に効果的なビタミン

自律神経失調症に効果のあるビタミン類です。症状、効能、多く含まれている食品別に記載していますので、ご参照ください。

成分 症状 効能 多く含まれる食品
ビタミンB1 集中力低下、疲労感 神経系を整える、糖質の代謝、脚気の予防 ほうれん草、ウナギ、豚肉、玄米、豆類、アスパラ
ビタミンB6 不眠、疲労感、口内炎 肌の健康維持、タンパク質の代謝 鮭、鶏肉、マグロの赤身、カツオ、サンマ
ビタミンB12 集中力低下、疲労感、肩こり、腰痛、手足のしびれ 神経系の調整、貧血予防 チーズ、納豆、サバ、イワシ、アサリ、鶏レバー
ビタミンC 貧血、肌のシミ、ストレス過多 抗酸化作用、免疫力低下の改善、鉄分の吸収 芋類、柑橘類、緑黄色野菜
ビタミンE めまい、肩こり、のぼせ、手足の冷え 抗酸化作用、血液循環の正常化 かぼちゃ、植物油ナッツ類

自律神経失調症に効果のあるホルモン剤

自律神経失調症に効果のあるホルモン剤ですが、女性ホルモンのエストロゲン、男性ホルモンのテストステロン共に、イライラ感、のぼせ、手足の冷えに効果があります。

栄養不足ならぬ栄養障害

現代の食生活はスナック菓子や清涼飲料、サプリメントなどが好まれ、若年層には栄養不足もさることながら栄養障害が見受けられます。

ビタミンが欠乏すると、「イライラする」「動悸がする」「疲れやすい」「頭痛がする」「胃がもたれる」といった症状を引き起こします。このような症状だけをみると、自律神経失調症と勘違いしてしまいそうなので注意が必要です。

ストレス解消レシピ

和風ピザトースト

ストレス解消食材

・わさび漬け
・チーズ
・のり

材料(2人分)1人分 295kcal

食パン‥‥‥6枚切り2枚
わさび漬け‥‥‥大さじ2
笹かまぼこ‥‥‥2本
溶けるスライスチーズ‥‥‥2枚
のり‥‥‥2枚

作り方
1.食パンにわさび漬けを塗る。

2.刻んだ笹かまぼこ、チーズ、のりをのせ、トースターで焼いて完成。

月を選択してください
2019年10月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
悩み一覧