乳がん|予防・保健指導ガイド

 

1.乳がんの症状にはどのようなものがあるのですか?

「しこり」が○○割くらいで、その他は皮膚の変化で窪んだり、盛り上がったり、赤くなったりします。乳頭の皮膚の変化や脇の下のリンパ節などにも注意が必要です。

 

2.「しこり」がない乳がんもあるのですか?

乳管を通って伝わる○○がんは、「しこり」を作りません。乳頭の分泌液などでも見つかりますが、マンモグラフィ検査が必要です。

 

3.乳がんと症状が似ている病気はありますか?

一番、紛らわしいのは線維腺腫という「しこり」を作る○○のものです。その次が乳腺症になります。

 

4.胸が小さくてもマンモグラフィ検査はできるのですか?

胸が小さくてもマンモグラフィ検査は可能です。まれに○○の乳がん患者さんもいますが、マンモグラフィ検査はできます。

 

5.豊胸手術などの美容整形は乳がんに関係あるのですか?

今のところ関係ないと言われています。但し検査などで分かりにくいこともあるので、事前にお医者さんへ申し出てください。

 

6.乳がんになると妊娠や授乳に影響はあるのですか?

抗がん剤を使った場合、全体で妊娠の確率は○○くらいだと言われています。ホルモン剤の場合は比較的、妊娠できない確率は少なくなります。授乳に関しては手術で摘出した場合は勿論できませんが、温存した後でも放射線をかけると、そこから授乳できなくなります。しかし反対側の乳房が補うようになるので基本的には心配ありません。

 

7.どんな治療法があるのですか?

大きく分けて下記の二つと考えてください。

  1. 局所治療法・・・手術、放射線治療、超音波治療etc.
  2. 全身治療法・・・抗ホルモン剤、化学療法(抗がん剤)

 

8.乳がんの再発率はどのくらいですか?

全体では○○前後と言われています。その方のステージの進行度によってかなり変わります。

 

9.高齢出産による乳がんリスクはありますか?

あります。女性の乳房は出産して初めて成熟するものです。この期間に○○が加わると発がんする危険性は高くなるので、高齢出産の場合はやや上がることになります。

 

10.経口避妊薬(ピル)の使用は乳がんに関係あるの?

現在、使われているのは○○と言って非常にエストロゲン濃度が低いです。この濃度で乳がんの発生が高くなることは今のところありません。

 

11.乳製品を食べ過ぎると乳がんになるって本当ですか?

基本的に根拠はありません。但し、エストロゲンは○○からできるホルモンです。その原因物質が多くなるということで関連の可能性はあります。

 

12.乳がんになると手術で必ず胸がなくなってしまうのでしょうか?

そういうことはありません。今は出来るだけ早く見つけてキレイな形を残すような○○が主体となっています。

 

13.乳がんが完治するまでにどれくらいの期間がかかるのですか?

普通の「がん」よりは長期に診ます。通常は大体5年間くらいで再発はないと判断されますが、乳がんの場合は○○の経過を観察させていただいています。

 

14.乳がん予防には大豆製品が良いと聞いたけど本当ですか?

大豆製品のタンパク質にフィトエストロゲンというエストロゲンによく似た作用があります。これはエストロゲンよりも乳房の細胞にくっつく力が強いのです。これが乳房にくっついて強いエストロゲンを避けると考えられているので、ある程度の摂取は有効だと考えられています。しかし、サプリメントのように濃縮している場合は、エストロゲンの作用が強すぎて逆効果になる可能性もあるので避けた方が良いでしょう。

  • 特定保健用食品として安全な上乗せ摂取量 上限値○○/日

 

15.病院選びのコツはあるのでしょうか?

マンモグラフィには○○ありますので、できればそういうものが揃っている病院が良いと思います。また医師の経験、対応、雰囲気など自分に合った病院を選ぶことが大切です。

 

乳がんのことを正しく知っておくことで、幸せに生きていく上での妨げになる恐怖や不安から解放されますので、ぜひこの機会にお役立てください。

 

乳がんメールセミナー(無料)

 

第一講義:実は知られていない!?乳がんの実際

 

第ニ講義:乳がんを招く3つの原因と3つの初期症状

 

第三講義:3つの簡単セルフチェック!自分で出来る乳がんの見つけ方

 

第四講義:乳がんに関する様々な疑問や不安を解消できる16の正しい知識

 

第五講義:乳がんと紛らわしい症状の4つの病気

 

第六講義:はじめての乳がん検診体験記

 

第七講義:こんな食生活が危ない!!乳がんと食生活の関係

 

子宮頸がん|予防・保険指導ガイド

  • 1.子宮頸がんは、○○の女性でも発症します。その発症率は年々増加傾向にあります。しかし、子宮頸がんには予防する方法があります。
  • 2.「出産年齢」のピークは○○前半です。そこに子宮頸がんの「発症年齢」のピークが重なってきています。子宮頸がんのことを正しく知っておく必要があります。
  • 3.子宮頸がんは、早期に見つかれば子宮を温存し、将来の妊娠・出産の可能性を残すことができます。現に年間約9,000人の女性が、子宮の一部を切除する円すい切除術を受けています。ただし、手術のあとも○○等を含む後遺症に悩まされることがあります。
  • 4.子宮頸がんの原因は、ヒトパピローマウイルス(HPV)と言うごくありふれたウイルスです。 性交経験がある女性の○○%以上が、 50歳までに感染を経験すると言われています。 多くの場合は感染は一時的なものですが、 長く感染が続いた場合は癌の原因になることがあります。
  • 5.子宮頸がんは決して特別な病気ではありません。日本では、女性の約○○人に1人が生涯にかかるリスクがあります。子宮頸がんのことを正しく知っておく必要があります。
  • 6.初期の段階では自覚症状がない子宮頸がんは、検診で早期に発見することが重要となります。日本の検診受診率は、残念ながら先進国の中でも○○割合になっています。
  • 7.日本では、年間約10,000人が子宮頸がんを発症しています。特に若い年齢層(20-39歳)の患者さんが増加傾向にあります。毎年、約○○人の女性が子宮頸がんで亡くなっています。子宮頸がんには予防する方法があります。

 

子宮頸がんのことを正しく知っておくことで、幸せに生きていく上での妨げになる恐怖や不安から解放されますので、ぜひこの機会にお役立てください。

 

子宮頸がんメールセミナー(無料)

 

第一講義:亡くなる人がこんなに?若い世代に増えている子宮頸がんとは

 

第ニ講義:発症年齢のピークは?ほとんどの女性が感染する原因ウイルス

 

第三講義:子宮頸がんを疑う4つの症状と原因とは

 

第四講義:子宮頸がんの発生するリスクが高くなる6つのリスク因子

 

第五講義:子宮頸がんはどう予防する?5つの子宮頸がん対策について

 

第六講義:知っておくべきワクチン接種方法と一般的な7つの副作用

 

第七講義:自分が発症するかも?子宮頸がん検診の重要性

 

 

※返信メールが届かない場合、恐れ入りますが他のメールアドレスにて再度ご登録下さい。念のため迷惑フォルダの確認もお願い致します。

 

乳がん・子宮頸がんの本当の怖さは、「知られていないこと」です。

 

ご登録後、○○の内容と各無料メールセミナーの内容が配信されます。

 

・乳がん無料メールセミナー〈全7通)

 

・子宮頸がん無料メールセミナー(全7通)

 

配信中・配信後に関わらず、不要であればいつでも解除できる解除フォームがメール本文中に設置されていますので、ご安心してご登録ください。

 

ハロージョブ 生活・保健指導
監修 日本教育情報機構

【運営サイト】
hello-job 生活・保健指導ガイド