“セロトニンは痛みを抑えてくれる”~ストレス症状のチェック!疲労・疲れの癒し ストレス解消改善法

外部ページURL

"セロトニンは痛みを抑えてくれる"~ストレス症状のチェック!疲労・疲れの癒し ストレス解消改善法【メンタル/頭痛/動悸/不安/イライラ/緊張/うつ】

セロトニンは、ストレス解消を代表的に、心身に様々な恩恵を与えてくれますが、ここでは痛みを抑える働きについてみていきます。

セロトニンには痛みを緩和する効果もある

セロトニンには、鎮痛剤のような痛みを緩和する効果もあり、痛みが神経に伝わるのを抑える「痛覚抑制」の機能があります。

脊髄の段階で痛みの伝達を抑える働きがある

痛みとは、体に発生した刺激が神経を通じて、脳に伝わって初めて「痛い」と脳が感じるものです。セロトニンは、麻酔薬のように神経を麻痩させているのではなく、痛みが伝わる途中経路の脊髄の段階で、痛みの伝達を抑える働きがあります。

頭痛や月経痛がひどい人は、セロトニンの活性化を意識する

頭痛や月経痛がひどく、悩まされている人は、セロトニンを活性化させる生活を意識すると、自然と痛みの軽減につながります。

ビタミンB6

ビタミンB群の一種。たんぱく質をアミノ酸に分解するのをサポートする栄養素。トリプトファンを体内でセロトニンに変換する際に必要なので、同時に摂取するようにしましょう。

ビタミンB6を多く含む食材に、イワシやサンマ、サバなどの青背の魚に豊富に含まれています。その他にもサツマイモ、アボカドやパプリカ、生姜やニンニクなどにも含まれています。

さらに、玄米やライ麦など、精製されていない米やパン、蕎麦などにも含まれます。トリプトファンを含む豆腐を湯豆腐や冷奴で食べる際にも、おろし生姜をのせると効果的で、トリプトファンとビタミンB6が一緒に摂取できます。

セロトニンの原料となる栄養素”ビタミンB6”を多く含む食材

・さつまいも・パプリカ・キウイフルーツ・にんにく・しょうが・かぼちゃ・アボガド・いわしなど。
その他にもバナナも万能な食材です。バナナには、トリプトファン以外にも、ビタミンB6や炭水化物の3種類が含まれます。 3つの栄養素を手っ取り早く摂取したい場合は、おすすめの食材といえます。朝食やおやつなどの際に、意識して摂取するようにしましょう。

セロトニンの活性化レシピ

バナナの豆腐蒸しパン

セロトニンのサポート食材

・ホットケーキ
・バナナ
・豆腐
・豆乳

材料(2人分)1人分 165kcal

ホットケーキミックス‥‥‥50g
バナナ‥‥‥小1本
豆腐‥‥‥100g
豆乳‥‥‥大さじ2

作り方
1.バナナは1cm幅の輪切りにする。

2.ホットケーキミックスに豆腐をつぶしながら加えて混ぜ合わせる。なめらかな生地になったら1のバナナと豆乳を加えてさっくりと混ぜ、紙カップに流し入れる。

3.蒸気が上がっている蒸し器で約10~12分蒸して完成。

月を選択してください
2019年12月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
悩み一覧