“セロトニンは心のバランスを保ってくれる”~ストレス症状のチェック!疲労・疲れの癒し ストレス解消改善法

外部ページURL

"セロトニンは心のバランスを保ってくれる"~ストレス症状のチェック!疲労・疲れの癒し ストレス解消改善法【メンタル/頭痛/動悸/不安/イライラ/緊張/うつ】

セロトニンが、心身にもたらすメリットはたくさんあります。例えば、頭の働きがよくなる、平常心を保てる、血液の流れがよくなる、若さを保てる、頭痛などの痛みを遠ざけるなどです。ここでは、心のバランスを保つ働きについてみていきます。

感情のバランスを保つ役割を備える

セロトニンは、感情のバランスを保つ役割を持っているため、セロトニンが活性化すると、常に平常心を保てるようになります。セロトニンは、脳内の神経伝達物質のノルアドレナリンと、ドーパミンのバランスを保っています。

ノルアドレナリンが多すぎると、うつの原因になることもある

ノルアドレナリンは、ストレスを伝える物質です。これが多すぎると、過剰な興奮や不安に陥りやすくなり、うつの原因になることがあります。外部からの刺激に反応して心拍を速め、血圧を上昇させて、体を戦闘モードに切り替えます。

ドーパミンは快楽や報酬を司る神経

一方、ドーパミンは快楽や報酬を司る神経です。ドーパミンが暴走すると欲望が抑えられなくなり、ひどい場合は依存症になってしまいます。ノルアドレナリンが少なすぎて、危険を察知できないのも困りますし、ドーパミンが少なすぎて意欲がわかず、無気力になってしまうのも問題です。

ストレスを左右するセロトニン

セロトニンがきちんと分泌されている人は、心の状態が安定しているため、ストレスを受けてもさらっと受け流し、ストレスを溜めることはありません。セロトニンが不足している人は、落ち込みやすいため、ストレスを受けるとその重圧に押しつぶされ、自律神経が乱れ「うつ」の状態に陥りがちです。

やる気や集中力のアップには適度なストレスも必要

ストレスと聞くと、マイナスのイメージを抱きやすいですが、適度なストレスは、緊張感をもたらし、やる気や集中力のアップにつながります。例えば、試験や試合の前は、重圧を受けてストレスがかかりやすいですが、「いい点を取ろう!」「合格しよう!」「必ず勝とう!」といった気持ちになり、よい結果を引き寄せる原動力にもなります。

現代社会で生きている限りは、ストレスがゼロになることはありませんが、ストレスを受けた時の対処の仕方と、セロトニンを活性化させる実践を行うことで、ストレスとは上手に付き合うようにしましょう。

セロトニンの活性化レシピ

かぼちゃのチーズ蒸しパン

セロトニンのサポート食材

・ホットケーキ
・かぼちゃ
・チーズ
・牛乳

材料(2人分)1人分 208kcal

ホットケーキミックス‥‥‥50g
かぼちゃ‥‥‥100g
チーズ‥‥‥30g
牛乳‥‥‥大さじ4

作り方
1.かぼちゃは皮つきのまま1cm角に切り、チーズは5mm角に切って耐熱の器に入れ、ラップをかけて電子レンジで約1分加熱する。

2.ホットケーキミックスに牛乳を加えてよく混ぜ、なめらかな生地になったら1を加えてさっくり混ぜ、紙カップに流し入れる。

3.蒸気の上がっている蒸し器で約10~12分蒸して完成。

月を選択してください
2019年10月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
悩み一覧