“セロトニンは自律神経を整えてくれる”~ストレス症状のチェック!疲労・疲れの癒し ストレス解消改善法

外部ページURL

"セロトニンは自律神経を整えてくれる"~ストレス症状のチェック!疲労・疲れの癒し ストレス解消改善法【メンタル/頭痛/動悸/不安/イライラ/緊張/うつ】

セロトニンには、心と体に良い影響を及ぼす、たくさんのメリットがあります。セロトニンは、大脳皮質や筋肉、自律神経など体の様々な場所のバランスを整えています。ここでは、自律神経を整える働きについてみていきます。

自律神経が乱れると血液のめぐりが悪くなる

ストレスや疲労などで自律神経が乱れると、血液のめぐりが悪くなり、低血圧、冷え性や低体温などの体の不調を招きます。セロトニンを常に活性化させておけば、自律神経の乱れを予防したり改善することが可能です。

緊張しやすい人は、交感神経が優位に働きやすくなっている

例えば、緊張しやすい人は、興奮を司る交感神経が優位に働きやすくなっているため、副交感神経が優位に働くようにすれば、リラックスした状態を保ちやすくなります。

便秘も自律神経の乱れが招く

ストレスなどで生じる便秘も、自律神経の乱れから招くので、セロトニンを活性化させて鍛えることで解消されます。このような自律神経の乱れが招く体の不調は、セロトニンを活性化させることで、改善することができるのです。

ストレスによる自律神経の乱れを改善するカギはセロトニンにある

外部からストレスを受けた時に、影響されずに流せる人と、さらっと流せずに影響を受けてしまう人がいます。「人それぞれの個人差によるもの」と考えられがちですが、脳生理学的には、その影響の違いは「脳内にあるセロトニン物質が左右している」という見解があります。

セロトニンが十分に分泌されている人は、ストレスを受けてもすぐに発散できますが、セロトニンが不足している人は、ストレスを受けるとその重圧に押しつぶされ、ストレスが自分の中にどんどん溜まっていき、その状態が長期化したり深刻化したりすると、「うつ」の状態に陥ってしまいます。

セロトニンの十分な分泌が「ストレス」を撃退する

セロトニンは、脳内にある神経伝達物質の一つで、神経伝達物質とは、情報を神経から神経へと伝達する物質のことです。ストレスを伝えて心を疲弊させる物質や、逆に元気を与えてくれる物質など、100種類以上あるといわれています。

この数ある物質の中で、セロトニンは元気を与えてくれる物質にあてはまります。心はもちろんのこと、自律神経や本能など様々な領域に分泌され作用しています。そのため、セロトニンがしっかりと分泌されていると心の状態が安定し、自律神経の乱れや自律神経失調症の症状に陥ることを回避してくれます。

セロトニンの活性化レシピ

大豆と野菜のチーズスープ

セロトニンのサポート食材

・餅
・納豆

材料(2人分)1人分 181kcal

餅‥‥‥2個
納豆‥‥‥1パック(50g)
大根‥‥‥50g
めかぶ‥‥‥50g
ポン酢しょうゆ‥‥‥大さじ1

作り方
1.餅をオーブントースターで焼いておく。

2.大根をすりおろして、納豆、めかぶ、ポン酢しょうゆを加えて混ぜ合わせる。

3.器に餅を盛り、2をかけて完成。

月を選択してください
2019年10月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
悩み一覧