“早寝・早起きの良質な睡眠こそが自律神経の乱れの最大の防御法”~睡眠の質を向上させる快眠・安眠・熟睡 リラックス睡眠方法

外部ページURL

"早寝・早起きの良質な睡眠こそが自律神経の乱れの最大の防御法"~睡眠の質を向上させる快眠・安眠・熟睡 リラックス睡眠方法【不眠/寝不足/睡眠不足/浅い眠り/睡眠障害/うつ】

自律神経の乱れの最大の防御法は、早寝・早起きの良質な睡眠をとることです。本来、わたしたちの生体リズムである体内時計は、昼間活動をする生物としてプログラムが組まれています。

しかし、24時間フル活動の現代社会では、夜型の人が多くいたり、生体リズムを無視した生活時間が変則的な人が増えているのです。

睡眠・覚醒のリズム障害

生体リズムが乱れてしまうと、一定の時刻に入眠・起床することが難しくなる「睡眠・覚醒のリズム障害」を起こし、通勤や通学などの社会生活に支障が生じます。

睡眠障害は自律神経失調症の初期症状ですが、生活習慣病なども発症しやすくなるので注意が必要です。

生物学的な根拠がある「早寝・早起き」

わたしたちは、生体リズムに従い基本の生活をした時にこそ、能力をもっとも発揮できるようになっています。24時間の現代社会では、本来の生活リズムを守ることが難しくなり、特にこれから成長する子どもにとっては重要な問題です。

昔から「早寝・早起き」が大切だといわれているのは、道徳的な意味からだけではなく、しっかりとした生物学的な根拠があるのです。いずれにせよ、早寝・早起きの良質な睡眠こそが、自律神経の乱れの最大の防御法です。

乱れた生体リズムを取り戻す方法

1、起きたらカーテンを開けて太陽の光を浴びる
20~30分浴びるとよいですが、時間がない場合は少しの時間だけでも浴びたり、時々光を見るくらいでもOKです。日中の場合は、太陽の光は直接見ないようにして、日焼け対策も忘れずに行いましょう。
2、起床時間は毎朝一定に保つ
3、朝食は毎日同じ時間にとる
4、通勤・通学・散歩で生活にリズムをつける
5、就寝前は強い光を避け、リラックス状態にする

栄養素が摂れる定番献立レシピ

豆かぼちゃカレー

材料(2人分)1人分 609kcal

・玄米(白米:玄米=1:1)‥‥‥300g
・豚肉(角切り)‥‥‥120g
・玉ねぎ‥‥‥50g
・ニンジン‥‥‥60g
・かぼちゃ‥‥‥80g
・枝豆(茹で)‥‥‥60g
・しょうが(みじん切り)‥‥‥少々
・にんにく(みじん切り)‥‥‥少々
・カレー粉‥‥‥小さじ1
・薄力粉‥‥‥小さじ2強
・コンソメスープの素‥‥‥1個
・トマトケチャップ‥‥‥大さじ2
・塩・こしょう‥‥‥各少々
・香辛料(クミン,ガラムマサラ,ターメリックなど)‥‥‥少々
・水‥‥‥2と1/2カップ

作り方

1.玉ねぎは薄切りし、ニンジンは乱切りにする。かぼちゃは皮付きのまま2cm角に切る。
2.鍋にサラダ油を熱し、しょうがとニンニクを軽く炒め香りが出てきたら、豚肉と玉ねぎを加えて炒める。
3.玉ねぎがしんなりしてきたら、カレー粉と薄力粉を加えて炒め合わせる。全体に油がまわったら、香辛料を加えてさらに炒める。
4.3に水2と1/2カップ、コンソメスープの素、ニンジン、かぼちゃ、枝豆を加え焦げないように鍋底からよく混ぜて煮る。
5.煮立ったらアクを取り除き弱火で10~15分、時折混ぜながら煮詰めていき、ケチャップと塩・こしょうで調味する。
6.器にご飯を盛り、5をかけて出来上がり。

月を選択してください
2019年8月
     
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
悩み一覧