“処方薬の効果と副作用を知る”~自律神経の乱れ・自律神経失調症の治療法

外部ページURL

"処方薬の効果と副作用を知る"~自律神経の乱れ・自律神経失調症の治療法【メンタルヘルス/自律神経失調症/うつ病/統合失調症/パニック障害/自閉症/睡眠障害】

自律神経失調症の治療として、医師がまず始めに行うのが薬による治療です。たとえば、頭痛やめまい、イライラや動悸、不眠や食欲不振、焦燥感や落ち込みなどの症状を放置していると、さらに悪化していき、様々な症状を生み出してしまうという悪循環に陥ります。

薬物療法は、心と体に症状として現れる苦痛を緩和すると同時に、悪循環を断ち切るためにも必要になってきます。

症状に最適な薬の処方

薬の治療においては、副作用があるということで、薬の服用をためらう場合もあるかと思いますが、医師は副作用を考慮した上で症状に最適な薬を処方しています。

眠気を誘ったりボーッとしてしまうといった、副作用が出るケースが人によってあるかも知れませんが、医師の指示通りの用量や用法を守って、正しく服用すれば効果は発揮されます。

薬の効き方や副作用の程度には個人差がある

薬を処方され服用する場合には、薬に対するアレルギーなどを伝え、疑問や不安を質問し医師と話しあいましょう。

薬の効き方や副作用の程度には個人差がありますので、服用中に体に変化があらわれ、副作用の症状が出たら直ちにかかりつけの医師に報告すると同時に、薬を用いる理由や効果、副作用のことを自分でも理解しましょう。

薬を服用する際は、飲むときの注意点を確認し、指示された薬の用量や回数などは正確に守り、必ず医師の指示通りに服用しましょう。何か不安点や症状が現れた場合は、遠慮せずに事実を報告し医師と相談しましょう。

栄養豊富な献立レシピ(主菜1品、副菜2品、雑穀ごはん)

エビとチンゲン菜のオイスター炒め

材料(1人分)1人分 124kcal

・むきエビ‥‥‥60g
・チンゲン菜‥‥‥1/2株(50g)
・サラダ油‥‥‥少々
A:混ぜ合わせ
オイスターソース‥‥‥小さじ1
酒‥‥‥小さじ1
おろし生姜‥‥‥少々
酢‥‥‥少々
塩・こしょう‥‥‥各少々

作り方

1.チンゲン菜はざく切りにする。
2.フライパンにサラダ油を熱しエビを炒める。
3.エビの色が変わってきたら、チンゲン菜を加えてさらに炒める。
4.3にAの調味料を加えて、ひと炒めして出来上がり。

ピーマンとソーセージの卵とじ

材料(1人分)1人分 147kcal

・ピーマン‥‥‥1/4個
・魚肉ソーセージ‥‥‥1/4本
・卵‥‥‥1個
・しょうゆ‥‥‥少々
・サラダ油‥‥‥少々

作り方

1.卵は溶きほぐしておく。ピーマンを2cm角に切り、ソーセージは輪切りにする。
2.フライパンにサラダ油を熱し、ピーマンとソーセージを炒め、ピーマンがしんなりしてきたら醤油を加える。
3.溶き卵を回し入れ、好みの加減に火を通して出来上がり。

ハムともやしの中華和え

材料(1人分)1人分 104kcal

・ハム‥‥‥1/3缶
・もやし‥‥‥1/2本
・ザーサイ(瓶詰)‥‥‥大さじ1
A:混ぜ合わせ
ラー油‥‥‥少々
ごま油‥‥‥少々
塩・こしょう‥‥‥各少々

作り方

1.ハムとザーサイは細切りにする。もやしはさっと茹でて水分を切る。
2.ボウルに1を入れ、Aを加えて和えると出来上がり。

月を選択してください
2019年12月
     
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
悩み一覧