“不安や筋肉の緊張を和らげる薬”~自律神経の乱れ・自律神経失調症の治療法

外部ページURL

"不安や筋肉の緊張を和らげる薬"~自律神経の乱れ・自律神経失調症の治療法【メンタルヘルス/自律神経失調症/うつ病/統合失調症/パニック障害/自閉症/睡眠障害】

不安や筋肉の緊張を和らげる薬として用いられているのが「抗不安薬」です。一般的には、精神安定剤と呼ばれているものです。治療効果の高さと安全性から、自律神経失調症の治療薬として最も投与されている薬です。

気分の不安定さを軽減させ、筋肉の緊張をほぐすリラックス効果

この抗不安薬は、喜怒哀楽などの感情や本能的欲求を司る、大脳辺縁系の一部分に作用する性質があるため、不安や焦燥感、イライラするなどの気分の低下や不安定さを軽減させ、筋肉の緊張をほぐしリラックスさせる効果があります。

抗不安薬は種類が多く使い分けされている

抗不安薬は種類が多く、副作用の強弱、抗不安作用の強弱、効き目の持続時間などによって使い分けがされています。緊張がほぐれることによって、脱力感や眠気、体のだるさなどの副作用が起こることがあります。

そのほかにも副作用の症状として、頭痛や吐き気、めまいやふらつき、発熱や胃腸障害、発疹などのアレルギー症状などもあらわれることがあります。

長期間飲み続けることの不安要素

抗不安薬を長期間飲み続けると、薬に頼ってしまい薬物依存を起こす危険がありますので、抗不安薬を服用する場合は注意する必要があります。作用が強く、作用時間の短い薬物に依存形成傾向があるといわれますので、服用を続ける場合は医師に従いましょう。

栄養豊富な献立レシピ(主菜1品、副菜2品、雑穀ごはん)

豆腐ステーキ

材料(1人分)1人分 273kcal

・豆腐(木綿)‥‥‥1/2丁
・にんじん‥‥‥1cm厚さの輪切り2切れ
・ブロッコリー‥‥‥1房
・カリフラワー‥‥‥1房
・サラダ油‥‥‥小さじ2
・小麦粉‥‥‥少量
・塩・こしょう‥‥‥少々
A:混ぜ合わせ
味噌‥‥‥大さじ1/2
砂糖‥‥‥小さじ1弱
酢‥‥‥小さじ1弱
しょうゆ‥‥‥小さじ1/2弱
ラー油‥‥‥少量

作り方

1.Aの調味料を合わせておく。野菜はそれぞれ茹でるか電子レンジで加熱して火を通す。
2.豆腐の厚みは半分に切った厚さにし、2~3枚重ねたキッチンペーパーで包んで10分ほどおいて水きりをする。
3.豆腐に塩・こしょうを振り小麦粉をまぶす。フライパンにサラダ油を熱して豆腐を入れ、両面をこんがりと焼く。
4.器に3と1の野菜を盛り付け、Aのタレをかけて出来上がり。

ニンジンと大根のきんぴら

材料(1人分)1人分 97kcal

・ニンジン‥‥‥2cm
・大根‥‥‥2cm
・サラダ油‥‥‥少量
・白いりごま‥‥‥少々
A:混ぜ合わせ
砂糖‥‥‥小さじ1
しょうゆ‥‥‥小さじ1

作り方

1.ニンジンと大根を細切りにする。
2.フライパンにサラダ油を熱して1を妙め、しんなりしたらAを加えてさらに妙める。
3.器に2を盛り付け、ごまを振って出来上がり。

桜エビとほうれん草の煮びたし

材料(1人分)1人分 28kcal

・桜エビ‥‥‥大さじ1
・ほうれん草‥‥‥1/4束
A:混ぜ合わせ
水‥‥‥1/4カップ
麺つゆ(3倍濃縮)‥‥‥小さじ1

作り方

1.ほうれん草を3cm長さに切る。
2.小鍋にAを煮立て、桜えびと1を入れさっと煮て出来上がり。

月を選択してください
2019年10月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
悩み一覧