“イライラ感や不安感を和らげ意欲を高める抗うつ薬”~自律神経の乱れ・自律神経失調症の治療法

外部ページURL

"イライラ感や不安感を和らげ意欲を高める抗うつ薬"~自律神経の乱れ・自律神経失調症の治療法【メンタルヘルス/自律神経失調症/うつ病/統合失調症/パニック障害/自閉症/睡眠障害】

抗うつ薬は、本来はうつ病の治療薬ですが、自律神経失調症のケースにおいても、抑うつ感を訴える場合にはこの薬が処方されることもあります。

抗うつ薬は、不安感や抑うつ状態を和らげるのと同時に、思考の面においての意欲や、行動の抑制を取り除いて行動意欲を高める働きがあります。

強い不安感や焦燥感を抑える

抗うつ薬は、強い不安感や焦燥感を抑えて、極度の落ち込みや自殺を抑制するという働きもあり、その他にも手足のしびれや頭痛、背中の痛みなどを鎮める効果も期待できます。

抗うつ薬は症状が改善したからといって、自分で判断して勝手に薬をやめるのは危険です。医師の指示通りに服用するようにしましょう。

抗うつ薬は飲み続けることが大切

抗うつ薬は、以前まで最も効果が高いことから、三環系抗うつ薬が使用されていました。効果が表れてくる前に、眠気、口の渇き、目のかすみなどの副作用がありますが、抗うつ薬を服用する際は、飲み続けることが大切になってきます。

次に、抗うつ薬の種類を記載していますのでご参照ください。高齢者の方や、心臓病、緑内障、前立せん肥大の男性などは、抗うつ薬の服用を避けてください。

種類 商品名 一般名
三環系抗うつ薬 アモキサン アモキサピン
トリプタノール アミトリプチリン
トフラニール イミプラミン
アナフラニール クロミプラミン
四環系抗うつ薬 ルジオミール マプロチリン
テトラミド ミアンセリン
テシプール セチプチリン
SSRI デプロメール、ルボックス フルボキサミン
パキシル パロキセチン
SNRI トレドミン ミルナシプラン
NaSSA リフレックス、レメロン ミルタザピン
その他 アビリット、ドグマチール スルピリド
レスリン、デジレル ドラゾドン

軽めのうつ症状には四環系抗うつ薬

軽めのうつの症状には、少量でも早く効果があらわれて、副作用の少ない「四環系抗うつ薬」が投与されます。さらに、SSRIやSNRI、他にも新規抗うつ薬と呼ばれるNaSSAなどもあります。

栄養素が摂れる定番おかずレシピ

大豆ハンバーグステーキ

材料(2人分)1人分 342kcal

・合い挽き肉(赤身)‥‥‥120g
・玉ねぎ‥‥‥60g
・さつまいも‥‥‥80g
・ニンジン‥‥‥60g
・大豆の水煮‥‥‥60g
・パセリ‥‥‥適量
・パン粉‥‥‥大さじ2
・卵‥‥‥1/2個分
・サラダ油‥‥‥小さじ2
・塩・こしょう‥‥‥各少々
A:混ぜ合わせ
トマトケチャップ‥‥‥大さじ3
レッドペッパーソース‥‥‥少量
レモン汁‥‥‥小さじ2

作り方

1.Aを混ぜ合わせてソースを作っておく。玉ねぎはみじん切りにする。さつまいもとニンジンは、それぞれ1cm厚さの輪切りにしてラップで包み、電子レンジで約30~40秒加熱する。
2.ボウルにひき肉、玉ねぎ、パン粉、卵を入れ粘りが出るまでよく混ぜる。大豆を加えて塩・こしょうを振りさらに混ぜる。2等分にして楕円形に形作る。
3.フライパンにサラダ油小さじ1を熱し、さつまいもとニンジンの両面をこんがりと焼き器に盛る。
4.同じフライパンにサラダ油小さじ1を熱し、2の具材の両面をじっくりと焼く。
5.3の器に4を盛り付け、Aのソースをかけてパセリを添えて出来上がり。

月を選択してください
2019年10月
     
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
悩み一覧